変形性膝関節症

コロナウイルス対策

  • 膝が伸びきらない
  • 立つ時や歩き始めなど動作を始める時に痛みを感じる
  • 歩行が痛くて困難
  • 階段の昇降が辛い
  • O脚、X脚が目立つ

その症状!そのお悩み

身体の歪みからくるもの

かもしれません!

なぜ変形性膝関節症は起こるのか?|整骨院ヒーリングハンド

膝の関節は大腿骨・脛骨・腓骨・膝蓋骨の4つの骨と半月板や靭帯などから作られていて、関節軟骨で表面を覆っています。

変形性関節症とは関節軟骨がすり減る事によって関節の内側にある滑膜という場所に炎症が起こり、痛みを感じ出します。

進行していくと関節の隙間が狭くなったり、トゲ状になったりと次第に変形していってしまいます。

これにより膝が動くことで痛みが出ます。

一般的な変形性膝関節症に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?|整骨院ヒーリングハンド

多くは「手術」「手術しないか」にわかれます。

手術しない場合は、トレーニングをして筋力をつけて自然のサポーターを作っていきます。

主に大腿四頭筋という太ももの前の筋肉を鍛えていきます。

 

鍛えたとしても痛みがひかない時に手術を考えていきます。

骨切り術人工関節置換術です。

変形性膝関節症に対する当院の施術方法とは?|整骨院ヒーリングハンド

全てはバランスの崩れからくるものなのでまずは骨盤の歪みを整える事が大切です。

そして、膝まわりの筋肉を鍛えて安定をはかります。

バランスが崩れることで過度に負担がかかってしまっているのです。

 

骨盤の位置や膝蓋骨(お皿)の位置を刺激の軽い機械を使い調整していき、不安がなく過ごせるようにしていきます。